ウイルス性イボ 治療法 イソジン
ウイルス性イボができてしまった!

病院に行く時間がとれず、出来るなら自宅で出来る治療法が知りたいという方もいるでしょう。

ウイルス性イボの治療法にはどのようなものがあるのでしょうか。

ウイルス性イボの治療法にイソジンが効くという噂の真相にもせまっていきます。

ただしここで言うイソジンはうがい薬のイソジンとはやや形態が異なります。

ウイルス性イボに効くイソジンとはどんなイソジンなのかもチェック!

ウイルス性イボに効くイソジンって?

イソジンと聞くとどうししてもうがい薬のイソジンを思い浮かべてしまいませんか?

うがい薬のイソジンも何となくウイルス性イボに効果がありそうな雰囲気を醸し出しているので、尚更そう感じてしまう方もいるでしょう。

しかしウイルス性イボの治療法としてうがい薬は適切ではなく、今回見ていく治療法はイソジン軟膏という塗り薬での治療法となります。

ポイント1:イソジン軟膏

イソジンと言えばうがい薬がパッと思い浮かぶ方が多いかと思いますが、同じカバのキャラクターが目印のイソジン軟膏というものが販売されています。

イソジン軟膏には有効成分である“ポビドンヨード”が配合され、殺菌消毒薬として用いられています。

きり傷やすりむき傷、やけどなどの患部の殺菌や消毒に効果を発揮するだけではなく、各種の細菌、真菌、ウイルスなどの微生物に対しても殺菌や消毒効果を発揮します。

イソジン軟膏の効能や効果を見ると“きり傷、さし傷、すりむき傷、靴ずれ、やけど等”と記されています。

ウイルス性イボの治療法として効果を発揮するかどうかというのは、効能や効果を見てもわかりかねる部分がありますよね。

しかしウイルス性イボに関してイソジン軟膏を塗布するというのは、民間療法として用いられている治療法のようです。

ウイルス性イボは繁殖しやすいため、イソジン軟膏のもつ殺菌や消毒効果によってウイルス性イボの原因であるウイルスを殺菌してしまおうというわけですね。

ポイント2:使い方

イボにも種類がありウイルス性イボの場合はイソジン軟膏を塗布する治療法が有効とされますが、他のイボには効果を発揮せずにかえって悪化させてしまう可能性もあるので注意が必要です。

まずは自分がどんなイボなのか、本当にイボなのか腫瘍などではないのか?などを皮膚科にて診断してもらうことも大切です。

ウイルス性イボの場合は患部をつぶさずにイソジン軟膏を塗布するだけの治療法となります。

つぶさなくて良いので痛みもなく、自宅で簡単にできる治療法なので用いている方が多いのです。

イソジン軟膏を使う場合は、ヨードアレルギーがある方は注意が必要です。

ウイルス性イボにイソジンを用いた治療法への口コミとは

イソジン軟膏をウイルス性イボに塗布して効果を実感できたという口コミ気になりますよね。

どんな効果を実感できたのか、実際に使用した方の声を見てみましょう。

●子供にできたイボに様々な治療薬を使い液体窒素で焼く治療法も試したけれど効果がなく、イソジン軟膏を知って塗ったら1ヵ月で信じられないほど綺麗になった
●子供にイボができたためイソジン軟膏を塗っていたら、1週間ほどで良くなった
●子供のイボにイソジン軟膏を塗っていたらイボ自体が小さくなったし、増えなくなった
●液体窒素はお金がかかるけれどイソジン軟膏は低コストで助かっている

このように口コミを見てみると、イソジン軟膏は繰り返しできてしまう子供の治療法として用いている方が多い印象を受けます。

皮膚科での治療は親の立場として見ているのが辛いという声もあり、自宅でできる治療法としてイソジン軟膏は有効であり支持されているようですね。

ただし取り扱い店舗が少ないといった声もあるため、薬局などでは予め問い合わせをしておくかショッピングサイトを利用するなどして購入するのが確実でしょう。

イソジン軟膏で効果を実感できるのはウイルス性イボとなり、他のイボには効果がないということやかえって悪化してしまう可能性があることや、アレルギーがある方は注意が必要ということを踏まえたうえで自己責任で使用するようにしましょう。