ヨクイニン錠SH 副作用

ヨクイニン錠SHは飲み薬ですが、副作用はあるのでしょうか。副作用があるならどんな症状なのか知っておきたいですよね。気になる効果も合わせておさえておきましょう。
MENU

ヨクイニン錠SHは副作用があるの?どんな副作用?効果は?

「イボを除去したいけれど皮膚科に行く時間がない」、「病院でイボの治療をするのは時間もお金もかかる」、「何よりも痛いのは嫌だ」という方も多いでしょう。

 

そんな方におすすめなのがヨクイニン錠SHです。

 

ヨクイニン錠SHは新日本製薬から販売されているイボや肌荒れに有効な第3類医薬品です。

 

そんなヨクイニン錠SHに副作用はあるのでしょうか。

 

ヨクイニン錠SHに副作用があるとすれば、どんな症状なのかも気になりますよね。

 

ヨクイニン錠SHを飲んでいる方が実際に感じた副作用も合わせて見ていきましょう。

 

ヨクイニン錠SHの副作用

ヨクイニン錠SHは生薬製剤で、大人の肌荒れやイボに効果があるとされています。

 

体内の巡りをよくして新陳代謝をアップさせ、内側から調子を整えてくれます。

 

ヨクイニン錠SHは1日3回食前または食間に服用します。

 

15才以上で1回4錠ずつとなります。

 

病院にて治療中の方や妊娠中の方、今までに薬などで発疹、発赤、かゆみなどの症状がでたことのある方は、医師に相談する必要があるので服用前にチェックしておきましょう。

 

ヨクイニン錠SHを服用して、発疹、発赤、かゆみ、胃部不快感、腹痛などの症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので服用を中止するようにしましょう。

 

ヨクイニン錠SHはイボや肌荒れに効果があるので、服用前よりも肌に異常があらわれてしまったら副作用の可能性が大きいので、服用中は注意しながら肌の経過を見るようにするのが良いですね。

 

ヨクイニン錠SHの副作用にあたいする口コミ

ヨクイニン錠SHは上記で見たような症状があらわれる可能性があります。

 

服用前と、服用中の自分の肌状態をしっかりと把握しておくことが副作用かどうかの判断材料にもなるのでチェックするようにしましょう。

 

実際にヨクイニン錠SHを服用している方の口コミの中には副作用にあたいするものはあるのかどうかを見てみましょう。

 

◎他のヨクイニンよりも効果がある
◎1瓶飲み終わる頃にイボがとれた
◎新しいイボほど取れるのが早い感じがした
◎医師からもヨクイニン錠SHをすすめられた
◎肌荒れが改善された
◎ブツブツが良くなれば…と思って飲んでいるがあまり実感できない
◎長い目で続けられる人に向いている

 

ヨクイニン錠SHの口コミを見ていると、非常に高評価のものが多く並んでいます。

 

他社のヨクイニン錠のものを見てみると、「ニキビができてしまった」「下痢になってしまった」という副作用反応かも?と思われる口コミが並んでいるものもあります。

 

それに比べるとヨクイニン錠SHには副作用反応とみられる口コミは見受けられないので、安心して飲めそうですね。

 

とは言っても体質によって個人差があることを覚えておきましょう。

 

ヨクイニン錠SHはどう効く?

ヨクイニン錠SHで起こりうる副作用や、口コミをチェックしてきましたがヨクイニン錠SHはイボや肌荒れにどのように作用するのかも見ておきましょう。

 

通常肌の生まれ変わりのサイクルは28日と言われていますが、加齢などの影響により周期が乱れてしまうことがあります。

 

この生まれ変わりのサイクル=ターンオーバーが乱れると古い角質がいつまでも留まり続けてしまいます。

 

古い角質が剥がれ落ちれば肌のざらつきやイボを感じることもなく、肌を良い状態に保てるということになりますが、肌トラブルの原因となるものがいつまでも残っているとその分イボもできやすくなってしまいます。

 

イボを増やさないためにも、ターンオーバーを正常にするためにも肌の巡りをよくすることがポイントとなります。

 

ヨクイニン錠SHにはヨクイニンが配合されているので、ターンオーバーを促進し肌荒れを改善、古い角質の排出に一役かってくれるというわけです。

 

ヨクイニン錠SHはイボに直接効くだけではなく、土台となる肌自体を正常化させてくれる効果があるので人気が高いんですね。

 

ヨクイニン錠SHは副作用があるの?どんな副作用?効果は?:まとめ

ヨクイニン錠SHを実際に愛用している方の口コミを見てみると、副作用とみられるものはほとんど見受けられません。

 

しかし体質によっては副作用反応が見られることもあるので、自分の体質に合うかどうかをしっかりと把握し、副作用が起きた場合は直ちに服用を中止するようにしましょう。

 

安心して服用できるように、用法容量を守ることも大事です。

このページの先頭へ