イボ 消しゴム なぜ

なぜイボが消しゴムでとれるのでしょうか。消しゴムを使った方法や、効果が気になるところですよね。どんなイボに有効なのでしょうか。
MENU

イボが消しゴムでとれるのはなぜ!?その驚くべき方法とは?

ある日ふと気付くと出来ているイボ。

 

特にできやすいのが首元やデコルテ周辺、そして顔ですよね。

 

そんなイボの対策あなたはどうしてますか?

 

イボに効くという飲み薬や、塗り薬なども多く販売されていますが、消しゴムでイボがとれるという噂を聞いたことはありますか?

 

なぜ消しゴムでイボがとれるのでしょうか。

 

どんなイボに消しゴムが有効なのでしょうか。

 

なぜ消しゴムがイボに効果があるのか気になるとこですよね。

 

今回はなぜイボが消しゴムでとれるのかという部分に着目していきます。

 

なぜイボが消しゴムで消せるの?

イボを消しゴムでとると表現すると、イメージ的には文字を消すようにして消しゴムをイボにあててこするという感じがしませんか?

 

しかし通常の消しゴムの使い方とは全く異なった使い方をします。

 

ポイント1:やり方
イボを消しゴムでとる場合、こするのではなく消しゴムをイボの大きさにカットして貼り付けるのです。

 

消しゴムでイボをとりたい場合は、目立たない場所や手や足にできたイボに対して試すのが良いでしょう。

 

おおよそ厚さ5ミリ程に消しゴムをカットし、それをイボにあててテープや絆創膏で固定します。

 

この状態で過ごすことで、2週間程でイボが血豆状になりポロッととれてしまうのです。

 

このやり方は民間療法であり、効果も個人差がありますが薬を飲むのは不安という方などに有効な手軽にできる方法とも言えます。

 

消しゴムを使う場合は、使いかけのものよりも衛生面を考慮して新しいものを使用するようにしましょう。

 

またテープや絆創膏で固定した際に圧迫感があるので、痛みを感じる方もいるようです。

 

その際は位置を変えてみるか、使用を中止するようにしてくださいね。

 

ポイント2:なぜとれる?
イボと消しゴムをテープで固定することで、消しゴムの圧迫がイボにとって刺激となることからイボに効くと言われています。

 

しかしイボが大きい場合や痛みを伴う場合は、圧迫感を与えるだけでも痛みが増してしまうこともあるので注意が必要です。

 

消しゴムでなぜイボがとれるのかというメカニズムは実際のところ解明されていないので、お試しとしてやってみるのはアリでしょう。

 

ポイント3:とれないこともある
消しゴムでイボを圧迫しても消しゴムの後だけが残り、皮膚にイボがめり込んだ状態になることもあります。

 

見た目にはイボが潰れたようになり、ポロッと取れるとはまた違った様になることもあります。

 

消しゴムの素材が肌に合わずかぶれてしまったり、痒みがでてしまったという方も中にはいるので注意が必要です。

 

どんなイボに有効?

イボには種類があり、尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)、足底疣贅(そくていゆうぜい)、老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)などがあります。

 

この中で一般的にできやすいイボは尋常性疣贅でウイルス性のイボとも言われます。

 

接触することが多い部位にできることが多く、擦り傷や切り傷が原因となり指や足の関節にイボができるものはこの尋常性疣贅です。

 

半透明で丸みを帯びているのが特徴です。

 

この尋常性疣贅に対して消しゴムのイボ治療が有効とされています。

 

皮膚科に行くと塗り薬での治療になったり液体窒素での治療になることもあるのが尋常性疣贅です。

 

いづれにしても患部を清潔にしておくことは必須となるので、消しゴムを使用する場合にも使いかけのものを使用するのは絶対にやめましょう。

 

イボが消しゴムでとれるのはなぜ!?その驚くべき方法とは?:まとめ

イボが消しゴムでとれるのはなぜなのかという部分に焦点をあてて見てきましたが、そのメカニズムは解明されていません。

 

それでも消しゴムを使った方法を試している方が多いのも事実です。

 

消しゴムを使ってイボをとる方法を試す際には、痛みや清潔感に十分配慮し、無理のない範囲で行うようにしましょう。

 

またイボといっても種類があるので、自分のイボに試してみても大丈夫かという判断も自己責任となるので十分注意しましょう。

このページの先頭へ